自分に合った理想のダイエット方法が見つかる!?


ダイエットには、色々な方法がありますよね。運動したり、食事制限したり、サプリメントを飲んだり、痩身エステにいったり痩せる方法は人それぞれです。

お金をかけずに健康的にダイエットするには、継続的な運動と規則正しい食生活が一番理想だと思います。

しかし、仕事が忙しくて運動する時間がない方や運動が苦手で長続きしない方、食べるのが好きで食事制限が続かない方などダイエットに失敗してしまう方が多いと思います。

当サイトでは、そんなあなたに合ったダイエット方法が見つかるように、いろんなダイエット情報をご紹介しています。

おすすめのダイエット方法


体脂肪がどんどん燃える!スタイルエクサ+K・スーパーVB

もし、たった2週間でリバウンドしにくい燃焼美魔女ボディーに変わるとしたら、あなたは今すぐ実践したいと思いませんか?

このダイエット方法は、つらい食事制限やエステに高額な料金を払わずにあなたを素敵な健康的スリム美人に変えるいまだかつて無い「秘密の方法」です。



スタイルエクサ+K・スーパーVBの詳細はこちら



1日3秒!2か月で20歳若返る新メソッド〜スローストレッチ〜

テレビ・マスコミで話題騒然!ダウンエイジング成功体験初公開中!

2児の母46歳の私がたったの2ヶ月でカラダ年齢23歳達成♪毎日3秒で始められる若返りの魔法を公開中です。



スローストレッチの詳細はこちら




ダイエットに役立つ豆知識


1日2食が一番太る
1日2食だと吸収が高くなりインシュリンが大量に出て肥満になりやすくなります。逆に1日5〜6食の方が痩せやすくなります。

その理由は食欲が抑えられ、食べる量も減り吸収も減少するためです。

ウォーキングは1.5倍の速さが効果的
特に傾斜があるところを早歩きすると脂肪燃焼効果があります。

臭い10代の若者が増加している。
過激なダイエットが原因で、加齢臭のような臭いがする若者が増加しています。

肥満は遺伝的に決まっている。
IRX3という肥満遺伝子を持っているネズミと持っていないネズミを同じ餌・運動量で飼育したところ、肥満遺伝子を持っているネズミは3割太ったそうです。

肥満遺伝子が脳の視床下部に作用し、代謝の調整をしている可能性があるようです。

朝ステーキダイエット
朝食にステーキを食べるとダイエットに効果があります。それは肉には脂肪の燃焼を促すL-カルニチンが多く含まれているためです。

特に牛肉がおすすめです。朝食にサイコロステーキを出す一流ホテルもあるぐらいです。

体温が高い人は食べても太らない
太るか太らないかは食べる量が一番関係しているが、体温が高いと睡眠時の代謝量が多く、太らない傾向にあります。

パソコンやテレビをつけっぱなしで眠ると太る
マウスの実験では薄明かりで眠ったマウスは血糖値が上がったままの状態だったようです。

さらに寝るべき時間に寝ないと食べる量が少ないのに太る傾向があるます。

代謝が低い時間帯は夜8時〜深夜2時なので、その時間に食べると太りやすくなります。

脳は甘いものを見ると胃にスペースを空ける
人間にとって甘いものは長年求め続けたものであり、甘いものを胃にスペースが空くのは人間の進化の中で仕方がないことです。

糖は脳に快感物質を分泌させ病みつきになる
糖が脳を刺激すると快感物質ドーパミンを分泌させ、さらに欲しくなり病みつきになります。

甘いコーヒーを少しずつ飲むと空腹にならない
甘いものを少しずつ摂ることで血糖値が維持され脳を騙し空腹にならなくなります。脳の視床下部に飢餓中枢と満腹中枢があり、この2つのバランスで空腹と満腹を感じます。

血糖値が上昇すると、満腹中枢が働き満腹になります。しかし一気に早く食べると満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまい太ってしまいます。

10代女性の過激なダイエットは老化を早める
10代の過激なダイエットはホルモンバランスが崩れ10〜20歳も早く老化してしまいます。